無料サンプル(返却不要)のお申込みはこちら
  1. HOME
  2. コロタツマガジン
  3. 【コロナ対策】職場の換気を徹底!CO2濃度をすぐ確認する方法は?

【コロナ対策】職場の換気を徹底!CO2濃度をすぐ確認する方法は?

【コロナ対策】職場の換気を徹底!CO2濃度をすぐ確認する方法は?

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)で、集団感染が確認された場所で共通する3条件が示されました。

①換気の悪い密閉空間であった
②多くの人が密集していた
③近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声が行われた

これら3つの条件が同時に揃う場所や場面を予測し、避ける必要があります。

この記事では上記であげた①の「換気の悪い密閉空間を防ぐ」ために必要なことや注意点、企業でできる対策について詳しく書いていきます。

なぜ感染対策において「換気」が注目されているのか

換気をすることでどの程度の感染拡大リスクが減少するかは、現時点では十分な科学的根拠は用意されていません。

しかし、換気の悪い環境は換気の良い環境よりも18.7倍感染リスクが高いというコロナ初期の報告もあります。換気のよくない場所や人が密閉する場所から感染者が発生していることから、換気については、十分な対策が必要だと考えられます。

換気の状態を客観的に示す方法はとして二酸化炭素(CO2)濃度の数値を測ることで可能です。

室内の二酸化炭素(CO2)濃度の測り方

二酸化炭素濃度の数値は二酸化炭素濃度測定器で測ることが可能です。

二酸化炭素は、特定の波長の赤外線を吸収するという特性があります。

その特性を利用し、モニターしたい場所の二酸化炭素の量を検知することが可能です。

コストや使いやすさから、光学式(赤外線の吸収特性を利用したもの)が広く普及しています。

オフィスや飲食店など小規模な面積の場所では、上記のようなコンパクトなサイズのものがよく使われています。

厚生労働省の推奨基準で、二酸化炭素濃度の数値を1,000ppm以下に抑えるように換気することが定められています。

数値に合わせてどのような対策をすればいいのか見ていきましょう。

二酸化炭素(CO2)濃度数値ごとの換気方法の目安

厚生労働省より、集団感染発生リスクの高い状況回避のための換気状態の基準として二酸化炭素濃度(CO2濃度)1000ppm以下が提示されています。

二酸化炭素濃度の数値が高い場合はすぐに換気をしたり、人の密を避けるなど対策をする必要があります。

下記の数値に合わせて対策を行いましょう。

● 1000ppm以下……空気がクリーンな状態。このCO2濃度を基準に保つようにする。
● 1000~1500ppm……多人数が定期的に利用する空間においては1500ppmを換気の基準としている。時々、室内の一部の窓を開けて換気する程度でOK。
● 1500ppm~2500ppm……悪い数値。30分に数分ほど窓を全開にして換気する。CO2濃度が下がるまでは部屋の使用を控えたほうがよい。
● 2500ppm以上……非常に悪い数値。濃度の数値が下がるまで、常時窓を全開にして換気を行い、部屋の使用を控える。

参照:冬場における「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気について

二酸化炭素濃度の数値に合わせた対策方法を理解したところで、実際にどのようにして換気を行えばよいでしょうか?

「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法

二酸化炭素濃度を下げるためには換気をする必要があります。

ここでは厚生労働省の3つの密を下げるための手引きをもとに換気方法を紹介します。

窓がある場合

「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法

風の流れができるように2方向の窓を、数分間程度全開にしましょう。換気回数は毎時2回以上確保しましょう。

窓が1つしかない場合でも、入口のドアを開ければ、窓とドアの間に空気が流れます。

ポイント
・開ける窓は1ヵ所より2ヵ所
・二方向の窓を開ける
・部屋の対角線で通風するとさらに効果的

換気には風の「入口」と「出口」をつくることが大切です。窓を一ヵ所だけ開けても換気効果はありますが、空気の淀みが解消されづらいこともあります。

二方向の窓を開けると換気効果は約10倍になると言われています。

扇風機や換気扇を併用したり工夫すれば、空気の流れが届いていない部屋の隅や、窓から遠い場所まで空気の通り道をつくることができ、さらに十分な換気の効果があります。

窓がない場合

オフィスによっては窓がない場合も想定されます。窓がない場合はサーキュレーターを設置して換気することがおすすめです。

換気口がある場合はドアを開け、ドア付近にサーキュレーターなどを置いて部屋の空気を循環させてください。

窓がない店舗や会議室の場合、入り口や天井の換気口等に向けてサーキュレーター等で送風すれば、十分な換気効果があります。

窓がない施設でも、建物の施設管理者は、法令により感染症を防止するために合理的な換気量を保つような維持管理に努めるよう定められています。

※ビル管理法により、不特定多数の方が利用する施設では、空気環境の調整により、一人当たりの換気量(毎時約3㎥)を確保するよう努めなければなりません。

したがって、地下や窓のない高所の施設であっても、換気設備(業務用エアコンなど)によって換気されていることが通常のため、過剰に心配することはありません。

しかし油断は禁物です。換気量をさらに増やすことは予防に有効です。冷暖房効率は悪くなりますが、窓やドアを開けたり、換気設備の外気取り入れ量を増やしましょう。また、一部屋あたりの人数を減らしましょう。

通常の家庭用エアコンは、空気を循環させるだけで、換気を行っていません。別途、換気を確保してください。

また、一般的な空気洗浄機は、通過する空気量が換気量に比べて少ないことから、新型コロナウイルス対策への効果は不明です。

雨の日や寒い日の場合

雨の日は、外よりも室内の方が湿度が高くなっていることがあります。

外の湿気が室内に入ってこないようにと、換気をしないのは逆効果です。

雨の日でもしっかり換気をするようにしましょう。

雨の日の換気方法としては、開けた窓に向けて、サーキュレーターや扇風機を稼働させることに加えて、除湿器も併用するといいでしょう。

また寒い日の場合でも換気量が十分でない商業施設などは、窓を空けて換気するようにしてください。

居室の温度および相対湿度を18℃以上かつ40%以上に維持するようにしましょう。

乗り物の場合

乗用車やトラックなどのエアコンでは、「内気循環モード」ではなく「外気モード」にしましょう。

電車やバス等の公共交通機関でも、窓開けに協力しましょう。

公共交通機関を使う場合はピーク時を避け、他人と2メートル以上の距離を取るように対策しましょう。

引用:3つの密を避けるための手引き!

企業におすすめの二酸化炭素(CO2)濃度計測器を紹介

企業におすすめの二酸化炭素濃度計測器のオーバル型とスクエア型2種類紹介します。

オーバル型は1000ppmを超えると警告アラームで知らせてくれるアラーム機能が付いています。

2種類ともコンパクトな形状なので、設置場所を選ばず、換気目安のタイミングがひと目でわかります。

二酸化炭素濃度の他にも温度・湿度も測定可能です。検査結果がデジタルディスプレイに表示されます。

商品の詳細に関しては「詳細をみる」から確認してくださいませ。

二酸化炭素(CO2)濃度計測器の設置方法

まん延防止等重点措置(まん防)において、都道府県によって要請内容の一つともされた、二酸化炭素濃度測定機(CO2センサー)の設置。

感染症の集団感染を防ぐために、オフィスや会議室、学校・公共施設、店舗・飲食店、車の中など、人の出入りが多く、密集しがちな場所に対して、適宜換気を実施し、換気の悪い密閉空間となってしまうのを避ける必要があります。

飲食店

二酸化炭素濃度計測器をお客様の見えるところに置いて卓に案内していいかどうか判断する目安になります。

着席後、LEDが黄色に以上になったら換気をする必要があります。

CO2の数値を見えるようにすることでお客様に対して、確実な3密対策をアピールすることができ、不安を軽減・来店の動機に繋げることができます。

会議室

会議室毎に置き、LEDが黄色以上になったら、換気を開始します。

CO2の影響による集中力の欠如・睡眠を防止し、より活発な意見交換と素晴らしいアイデアを生み続けられる会議室に変わります。

設置は会議室毎に1台ずつ設置することがおすすめです。

「換気」以外の感染症対策も合わせて紹介

冒頭で触れた集団感染が確認された場所で共通する3条件のうち①の「換気」について詳しく解説しました。

①換気の悪い密閉空間であった
②多くの人が密集していた
③近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声が行われた

①について解説してきましたが、感染対策として対策が必要な②と③の密度の下げ方と近距離での対策の仕方についても簡単に解説していきます。

②人の密度を下げる

オフィスのレイアウトをフリーアドレスに変更する

新型コロナウイルスの影響で企業での働き方が大きく変わるなか、感染防止対策としてフリーアドレスが大きく注目されています。

フリーアドレスを導入すれば、従業員が席を自由に選択でき、ソーシャルディタンスの確保やオフィスの省スペース化などに非常に効果的です。

フリーアドレスについては下記記事で紹介しています。

③近距離(手が届く範囲)での会話や発声を避ける

アクリル板の設置

特措法第31条の6第1項に基づき、「会話等の飛沫による感染の防止に効果のある措置」が要請されています。

机の構造などが原因で、机の上にアクリル板等を設置することが困難な場合は、利用者の適切な距離(1m)の確保等が必要となります。

アクリル板等の購入に時間を要する場合は、当面、利用者の適切な距離(1m)の確保を
して対策することになるでしょう。

置き型のアクリル板であれば、オフィスのレイアウト変更にもフレキシブルに対応することができます。

アクリル板をどこで購入すればいいか迷っている方は下記の動画をご覧ください。

当社では、感染防止のためのアクリル板や持ち運びに便利なPETパーテーションを取り扱っています。

パーテーションの素材やサイズ、設置箇所や設置の仕方などは企業によって異なります。

他の記事でまとめていますのでそれぞれの会社にあったパーテーション選びの参考にしてみてください。

▼商品リンク

マスクの着用

マスクは正しく装着しなければ十分な効果が期待できません。上下や裏表をきちんと確認して、顔にしっかりフィットさせて使用してください。

新型コロナウイルスの拡大はいまだに続いていますが、マスクを正しく装着して感染しにくい環境を作りましょう。

▼おすすめの商品

不織布マスク

■不織布マスク

全国マスク工業会認定、3層構造「不織布マスク」
高密度フィルター仕様でBFE・PFE・VFEを99%以上クリアしています。

透明マスク

■透明マスク

コロナ禍においても笑顔は自粛しない!
口・唇部分がPET素材で透明になっており、着用者の口の動きや表情を読み取ることができます。

快適マスク

■快適マスク

1日中つけても快適で仕事効率がアップします。
吸水速乾で快適だからアゴマスクになることを防げます。

調整マスク

■調整マスク

サイズが調整できるマスクです。
企業・団体のまとめ買いにおすすめです。

まとめ

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解で出された3条件の「換気方法」について解説しました。

換気されていることを見える化することができる二酸化炭素濃度計測器を利用するなど、しっかり感染症対策に取り組むようにしてください。

感染対策をしているかしていないかは企業のブランドイメージにも関わってきます。厚生労働省のガイドラインをしっかり読み企業の感染対策を行いましょう。

※内容は2021年4月27日現在のものです。日々情報が更新されておりますので、最新の情報は各都道府県のHPやガイドラインを確認ください。
※弊社の製品は感染(侵入)を完全に防ぐものではありません。
コロナウイルス感染症を避けるための「3密を避ける」「ソーシャルディスタンスの確保」など、厚生労働省の指針を意識の上で、状況によってプラスアルファーの道具として弊社製品をご活用ください。

6

関連するコロナ対策グッズはこちら

徹底除菌アルコール濃度75%
(500ml・1L・4L)

プロに選ばれる除菌・抗菌・消臭ウイルス・菌対策に。身のまわりの除菌・ドアノブ・テーブル・椅子・トイレ・身のまわり・その他アルコールが影響しない物に幅広くご使用いただけます。

不織布マスク

立体構造で顔のラインにフィットする3層構造不織布マスク。高密度フィルター使用でBFE99%以上をクリアしています。

不織布マスク

タッチレスアルコール
ディスペンサー

非接触式で手をかざすだけ!どこにも触ることなくアルコール噴出!
来客者と社員も安心のウイルス対策製品!

よくある質問Q&A

よくある質問

CAUTION

弊社の製品は感染(侵入)を完全に防ぐものではありません。
コロナウイルス感染症を避けるための「3密を避ける」「ソーシャルディスタンスの確保」など、厚生労働省の指針を意識の上で、状況によってプラスアルファーの道具として弊社製品を所属団体内でご活用ください。

2メートルあけよう