無料サンプル(返却不要)のお申込みはこちら
  1. HOME
  2. コロタツマガジン
  3. コロナ対策|飛沫防止パーテーションの効果と設置事例を紹介

コロナ対策|飛沫防止パーテーションの効果と設置事例を紹介

コロナ対策|飛沫防止パーテーションの効果と設置事例を紹介

世界は依然として新型コロナウイルス感染症の影響にさらされていますが、社会は感染予防をしながら日常を過ごす「withコロナ」の意識へと変わりつつあります。

オフィスや飲食店などでの感染対策の一つが、パーテーションの設置です。パーテーションは飛沫拡散を防止するのに有効ですが、設置する際はいくつか注意点があります。

この記事では、パーテーションの飛沫防止効果や設置の注意点、また実際にアクリル製のパーテーションを設置した事例を紹介します。

コロナ対策|パーテーションの飛沫防止効果とは

パーテーションと聞くと、部屋を間仕切る、背丈ほどのインテリアのイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

オフィスや飲食店などの感染対策で広く利用されているパーテーションは、デスクの上に置くような小型タイプが主流となっています。

新型コロナウイルスは、おもに飛沫感染と接触感染で拡大するとされ、感染対策では、咳やくしゃみで唾液などの飛散を防ぐことが重要です。パーテーションは、人と人の間を区切るため、飛沫防止の効果が期待できます。

咳やくしゃみなどの症状がない場合でも、会議などで多くの人と会話するような環境では感染のリスクがあります。そのような空間には、圧迫感なく、相手の顔を見ながら会話ができるクリアタイプのパーテーションがおすすめです。

また、接触感染についても、パーテーションがあれば「なにかの拍子に触れてしまう」ということを避けることができます。

パーテーションの設置は、感染拡大を防止すると同時に、従業員やお客様が安心して過ごすことのできる環境の創出にもつながります。

なお、飛沫防止パーテーションは、顔の位置よりも高さのあるものを選ぶようにしましょう。飛沫は咳やくしゃみだけでなく、会話でも飛散するともいわれ、強い口調で1分間話し続けると、約3万5千個の飛沫が拡散したという調査もあります(朝日新聞社より)。

東京都では、事業者の方向けに、店舗などで実施すべき感染対策を示したチェックシートを公開しています。必要対策を実施した事業所は「感染防止徹底宣言ステッカー」を取得でき、目立つ場所に掲示することで施設の安全性を示すことができます。このチェックシート内にも「対面が想定される場所への遮蔽物の設置」という項目が設けられています。

より詳しい情報は、「東京都防災ホームページ|感染防止徹底宣言ステッカー」をご覧ください。

パーテーションを使用する際の注意点

パーテーションの設置には、いくつか注意すべき点があります。

マスクを併用する

パーテーションは飛沫防止に有効ですが、すべての飛沫を防げるわけではありません。

たとえパーテーションで空間を仕切っていたとしても、マスクは着用するようにしましょう。パーテーションとマスクを併用することで、より強力な感染対策が可能となります。

こまめに手入れして清潔に保つ

パーテーションに付着したウイルスや細菌が再び広がらないよう、こまめに洗浄する必要があります。アルコール除菌に向かない素材もあるため、パーテーション選びでは素材ごとのメンテナンス方法もよく確認するようにしましょう。

アルコール除菌ができない場合は、少量の中性洗剤を溶かした水で軽く拭くようにします。

高温なものは避ける

パーテーションの素材で特に人気のあるプラスチックやアクリル、スチレンなどは、熱に弱いという性質があります。(スチレンタイプは防炎のタイプもあり。)熱いものやヒーターなどは近づけないよう注意しましょう。

実際にアクリルパーテーションを設置した事例を紹介

弊社は2020年7月よりアクリルパーテーションを導入しています。ここではその事例についてご紹介します。これから、アクリルパーテーションを導入するか検討している場合は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 設置施設:オフィス
  • 設置場所:対面で会話をする機会が生じる場所
  • 導入枚数:約50枚

弊社では、個人のデスクや会議室、休憩スペースなど、社内のあらゆる場所にパーテーションを設置。会話や書類の受け渡しの多い会議室には開口部のあるパーテーションを設置するなど、シーンに合わせて使い分けています。

導入に際して「声が聞こえづらくなるのでは」「コミュニケーションに支障をきたすのでは」と懸念されていましたが、アクリルパーテーションは透明度が高いため、圧迫感なく、オフィスに馴染んでいるとの声が上がっています。

アクリルパーテーションを設置したことにより「社員が安心して働ける環境」を創出することができました。

より詳しい事例内容は『安心して働けるオフィスにするために。オフィスで使ってわかった「飛沫防止アクリルパーテーション設置」5つのポイントとは?』をご覧ください。

まとめ

パーテーションの飛沫防止効果と、実際にアクリルパーテーションを導入した事例について紹介してきました。

昨今さまざまな不安が広がるなか、どのように「安心感」を得ていくかが大きな課題となっています。安心して働くことのできる空間は、社員のモチベーション維持においても重要です。

感染対策を個人に任せきるのではなく、企業としても積極的に推進していきましょう。

長期化する新型コロナウイルス感染症の感染対策の一つとして、アクリルパーテーションの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

5

関連するコロナ対策グッズはこちら

飛沫防止 アクリルパーテーション

オフィスワークに使いやすい設計。
透明度の高いアクリルで視界を遮ることなく組み立てやすい!
31種類のサイズを用意しています!

飛沫防止 アクリルパーテーション

強力除菌アルコール 濃度78%
100ml・485ml・5L

身のまわりの除菌、ドアノブ・テーブル・椅子・トイレ・身のまわり・その他アルコールが影響しない物に幅広くご使用いただけます。

強力除菌アルコール 濃度78%<br>100ml・485ml・5L

不織布マスク

立体構造で顔のラインにフィットする3層構造不織布マスク。高密度フィルター使用でBFE99%以上をクリアしています。

不織布マスク

よくある質問Q&A

よくある質問

CAUTION

弊社の製品は感染(侵入)を完全に防ぐものではありません。
コロナウイルス感染症を避けるための「3密を避ける」「ソーシャルディスタンスの確保」など、厚生労働省の指針を意識の上で、状況によってプラスアルファーの道具として弊社製品を所属団体内でご活用ください。

2メートルあけよう